タグ:テクノロジープラス
 われわれ越井木材工業は木材を正しく使い、日本の森林と林業を活性化させ、次世代に持続可能で健全な社会を引き継いでいくことを理念のひとつに...
穐吉 孝典『コア東京』2021年11月号
わが国では、20世紀後半は社会資本を整備するためコンクリート構造物を建設する時代であった。これに対し、21世紀はこれらのストックを維持管理す...
後藤 栄太『コア東京』2021年4月号
弊社はこれまで、実務者が自ら考え、自身の業務を効率化する「エンジニアリングツール」としてBIMを運用してきました。施工前に多面的に工法検証す...
羽生田 剛成『コア東京』2021年3月号
 平成30(2018)年に施行された建築物省エネ法は、約2年半近くが経過し、当制度における規制措置、誘導措置により、国内の住宅・建築物の省エネ化...
伊藤 浩『コア東京』2021年1月号)
 コロナ禍という艱難辛苦の中で、多くの飲食事業者が生き残りと、新たなビジネス戦術を必死で模索しています。100年前の「スペイン風邪のパンデミ...
横堀 洋一『コア東京』2020年11月号)
 常温亜鉛めっきZ.R.C.は、1952年にアメリカで開発された工法で、世界各国で使用され、抜群の防錆効果を上げています。溶融亜鉛めっき(Hotdip-Ga...
宮原 重之『コア東京』2020年10月号)
 地球温暖化への対処は、私たち人類が営みを続けていくためには待ったなしで取り組まなければならない喫緊の課題です。また、プレート境界に位置...
三輪 滋『コア東京』2020年9月号)
 構造物調査を専業として40年間会社を営んでいると、さまざまな調査依頼が飛び込んできます。  スラブ厚を非破壊で測定したい、埋設管の位置を調...
佐藤 登『コア東京』2020年8月号)
世間一般で、シロアリはどのように認識されているのでしょうか。『広辞苑』で調べてみると、「シロアリ目の昆虫の総称。体の形はややアリに似るが...
平 一暁『コア東京』2020年5月号)
既存建築物・構造物に使用されているコンクリートを破壊せず、非破壊検査にて調査する需要の増加と性能向上はめざましいものがある。コンクリート...
源間 敏雄(『コア東京』2019年5月号)